WEBディレクターが設定しておくべきGoogleAnalyticsの設定

WEBディレクターも知っておきたいちょっとしたGoogleAnalyticsの設定

ここではWordPressを使ったり、カスタマイズするときにWEBデザイナーやWEBエンジニアの方だけではなく、WEBディレクターも知っておくべき技術を備忘録として残して行きたいと思います。

(ほぼ自分への仕事のためのメモでもあるかも知れません。)

 

Google Analytics導入方法

Googleアカウント取得及びGoogle Analyticsの基本設定はすでに済んでいる前提です。

 

【トラッキングコードの確認】

Webサイトへ訪問した閲覧者のデータをAnalyticsで収集するにはトラッキングコードと呼ばれる短いコードをWebサイトなどの各ページに記述する必要があります。

1.Analyticsにログインします。そして画面上部の「管理」と書かれたリンクをクリックします。

Analytics01

 

2.「管理」画面が開きます。画面中央のプロパティのエリアで「トラッキング情報」と書かれたメニューをクリックします。

Analytics02

 

3.サブメニューがいくつか表示されますので、その中から「トラッキングコード」をクリックします。

画面にトラッキングコードが表示されます。

Analytics03

 

例<script>   (function(i,s,o,g,r,a,m){i[‘GoogleAnalyticsObject’]=r;i[r]=i[r]||function(){   (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),   m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)   })(window,document,’script’,’//www.google-analytics.com/analytics.js’,’ga’);   ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXXXX-Y’, ‘example.com’);   ga(‘send’, ‘pageview’); </script>

このコードを対象のサイトのアクセス解析を行い全てのページに設置していくことになります。

 

【サイトへのトラッキングコードの設置】

設置する場所は</head>よりも前の部分です。

例えば次のように記述します。

<html>

<head>

….

<script>

(function(i,s,o,g,r,a,m){i[‘GoogleAnalyticsObject’]=r;i[r]=i[r]||function(){

(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),

m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)

})(window,document,’script’,’//www.google-analytics.com/analytics.js’,’ga’);

ga(‘create’, ‘UA-XXXXXXXX-Y’, ‘example.com’);

ga(‘send’, ‘pageview’);

</script>

</head>

<body>

….

</body>

</html>

アクセス解析の対象となる全てのページに記述して下さい。

ファイルをアップロードすればトラッキングコードの設置は完了です。

The following two tabs change content below.
大阪にある某制作会社でwebディレクターとして日々クライアント様とチームの間でディレクションに奮闘中のまだまだ一人前になれていないwebディレクターぴえろ(ニックネーム)です。家庭では3人のまだまだ小さい子供たちと嫁さんのディレクションにも奮闘中でここでもwebディレクターとしてのディレクション力が少しは役に立っている気がします。
関連記事