新人WEBディレクターならまず知っておこう。ディレクション業務

スポンサーリンク

そもそもディレクション業務ってなに?

春から新たに新人WEBディレクターとして、お仕事をしている方は、だんだんWEBディレクターというお仕事の流れが分かって来たのではないでしょうか。

しかし、それと同時にWEBディレクターの仕事の多さに右も左もわからないうちに突っ走ってきている新人WEBディレクターの方も多いと思います。月日も経つとなかなか今更先輩WEBディレクターにも聞けないこともあるかと思います。

そこで、今回はWEBディレクターの必須スキルであるディレクション業務について紹介したいと思います。

ディレクション=webサイト全体の進行を管理し、プロジェクトを円滑に管理する。

それではディレクションに必要なスキルを紹介していきたいと思います

 

予算・スケジュール管理

自社やクライアントにとっても最初に決めていく必要があり、プロジェクト全体の成功がかかってると言っても過言ではありません。

WEBディレクターの腕の見せどころでもあります。

 

コミュニケーション能力

ディレクション業務をするうえで、クライアントとの打ち合わせが、仕事のメインだったりします。

クライアントとの打ち合わせを円滑に進めるにはコミュニケーション能力が必要になって来ます。

また、WEBディレクターのディレクションは、クライアントだけでは、ありません。

WEBサイトは1人では作っていません。

チーム内のWEBデザイナーやWEBプログラマーとのコミュニケーションも非常に大切です。

 

マネジメント能力

ディレクションの中でも重要なスキルの一つです。

チーム内のスタッフの技術を把握し、適材適所に配置し、スケジュールを円滑に進めることが出来ます。

 

企画力・プレゼンテーション能力

ディレクション業務に直接関係があるわけではありませんが、WEBディレクターであれば、クライアントからアイデアや企画を求められる事はよくあります。

また、アイデアや企画が口からの発言だけではなく、それをプレゼン資料におこしクライアントやチーム内のスタッフへプレゼンテーションを行い、クライアントやチーム内のスタッフとの情報の共有する必要があります。

 

WEB制作能力

ディレクション業務とは、関係ない思う方もいるかと思いますが、スケジュールを円滑に進める為に時にはWEBディレクター自らスケジュールが遅れてる箇所のデザインやコーディングをする事もあります。

いざとなったら1人で一からWEBサイトを作れる能力は必要です。

 

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

一言にディレクションと言っても必要なスキルはいくつかあり、どのスキルもWEBディレクター、ディレクションには必須なスキルなので、是非身につけるようにしましょう。

The following two tabs change content below.
大阪にある某制作会社でwebディレクターとして日々クライアント様とチームの間でディレクションに奮闘中のまだまだ一人前になれていないwebディレクターぴえろ(ニックネーム)です。 家庭では3人のまだまだ小さい子供たちと嫁さんのディレクションにも奮闘中でここでもwebディレクターとしてのディレクション力が少しは役に立っている気がします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク