webディレクターとwebデザイナーの年収

スポンサーリンク

webディレクター ぴえろです。

生きていく上では、仕事が必要でお金を稼ぐことが必須です。

どの仕事をするとしても給料がいくらで年収はいくらなのか気になると思います。

web業界で働きたいけど給料や年収はどれぐらいあるのか気になる人も多いと思います。

そこで、web業界の業種別、給料と年収をまとめて見ました。

是非新人webディレクターの方、これからwebディレクターを目指す方は参考にしてみて下さい。

webディレクター

平均年収
400~1000万円前後
平均月収
25~50万円

ボーナス
職場次第

webディレクターの特徴
比較的30代にwebディレクターが多く、他のwebデザイナーやwebプログラマーに比べて年収、給料は高くなってます。

仕事柄webデザイナーやwebプログラマーをまとめる事も多く為、webデザイナーやwebプログラマーよりも年収が高くなっています。

webデザイナー
平均年収
358万円
平均月収
15~30万円
ボーナス
職場次第

webデザイナーの特徴
基本的な仕事はサイトのデザインを作ること。
デザインセンスがないとなかなかwebデザイナーとしては仕事が成り立たない。
しかし、デザインと言う部分でweb関係の仕事をする上では入り口として入りやすくwebデザイナーの人数の割合は、webディレクターやwebプログラマーに比べて多い。

そういったこともあり、webデザイナーと言う仕事上での単価が低めになって来ている。

しかし、将来的にwebデザイナーからwebディレクターになるケースが多く、いろんな方向に自分を持って行くことができ、年収や月収のベースアップの道も十分あり得る話しです。

webプログラマー
平均年収
300~1000万円

平均月収
20万円~
ボーナス
職場次第
webプログラマーの特徴

webプログラマーは、年齢が上がっていくにつれ年収も、400万円、500万円、600万円と上がっていくことが多い。
また、優秀な人材になると、基本的な企業サイトから様々なwebサービスのプログラムを組むと行った幅広い動きもできる為、会社にとっては貴重な存在ともなっている。
webデザイナーと比べてもwebプログラマーの人数は少ない為年収や月収部分でもwebデザイナーより高いケースが多いです。

まとめ
以上、いかがだったでしょうか?

全体的な平均年収から見れば決して低いわけではありません。
ただ、webディレクターやwebデザイナーは年齢が上がっていくにつれ伸びていかない傾向もあります。

こういったところから若いうちは会社で働き、技術や経験を身に付け、ある程度の年齢になると、起業もしくはフリーランスとして働く方も多い業界です。

また、働きながらもフリーランスとして、会社の収入とは別で副業としてお金を稼いでる方も多いです。
特にwebデザイナーとwebプログラマーの方は多いようで、ランサーズやクラウドワークスなどフリーランスのお仕事の紹介やコンペなどをしているサイトがあります。

また、機会があればwebディレクターやwebデザイナーのフリーランスについてご紹介したいと思います。

The following two tabs change content below.
大阪にある某制作会社でwebディレクターとして日々クライアント様とチームの間でディレクションに奮闘中のまだまだ一人前になれていないwebディレクターぴえろ(ニックネーム)です。家庭では3人のまだまだ小さい子供たちと嫁さんのディレクションにも奮闘中でここでもwebディレクターとしてのディレクション力が少しは役に立っている気がします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。